オカダ・カズチカ始球式で106キロ「200キロ出た?」

[ 2014年7月3日 05:30 ]

西武―日本ハム戦の試合前、セレモニーピッチを行う新日本プロレスのオカダ・カズチカ

 新日本プロレスの「レインメーカー」ことオカダ・カズチカが西武―日本ハム戦(西武ドーム)の始球式にリングコスチュームで登場。106キロを計測して会場を沸かせ「200キロは出てなかったですかね?気持ち良かったです」と笑顔を振りまいた。

 新日本は8月10日に初めて同球場で「G1クライマックス」を開催。オカダは「ここで試合ができると思うとテンションが上がる。決勝まで勝ち上がって優勝します」と宣言した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2014年7月3日のニュース