亀田ジム新会長 大竹重幸氏で最終調整 史郎氏認める

[ 2014年5月21日 05:30 ]

“世界ジャブ”を手にスパルタ指導を誓う亀田史郎氏

 亀田史郎氏が、亀田ジムの新会長に元世界王者・坂田健史らを育てた元協栄ジム・トレーナーの大竹重幸氏を擁立する方向で最終調整していることを認めた。

 都内の亀田ジムは次男・大毅のIBF王座返上騒動に絡み、ライセンス更新が認められず活動停止中。史郎氏は「向こうは新しい会長に全部任せて今後は関与しない」と話した。大毅の王座返上については「負けて気持ち悪いんなら、もうベルトを返せ。おまえの悪かったことはただ一つ、負けたこと」と試合後に助言。出直しを勧めたことも明かした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2014年5月21日のニュース