メイウェザー、判定勝ちで46戦無敗に 世界ウエルター級王座統一

[ 2014年5月4日 14:27 ]

WBA・WBC世界ウエルター級統一王座に輝いたメイウェザー(右)

 ボクシングの世界ボクシング評議会(WBC)・世界ボクシング協会(WBA)世界ウエルター級の王座統一戦が4日、米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われ、WBC王者のフロイド・メイウェザー(37=米国)がWBA同級王者のマルコス・マイダナ(30=アルゼンチン)に2―0で判定勝ちし、統一王座となった。いまだ無敗の5階級制覇王者メイウェザーは46戦全勝(26KO)。

 序盤は頭から突っ込んでくるマイダナの強打に手を焼き、4回にはバッティングで左目上を切った。それでも中盤以降、足を使って本来のリズムを取り戻した。

 11Rには勢いで押し切ろうとするマイダナが、メイウェザーに突進してレフェリーが止めるシーンもあったが、メイウェザーが冷静な試合運びで統一王座に輝いた。5階級制覇王者は「本物の王者は後半で微調整できるもの。リードされても勝つと思っていた」と胸を張った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2014年5月4日のニュース