WBA元王者・名城が引退、母校の近大コーチに就任

[ 2014年4月3日 13:09 ]

現役引退と近大コーチ就任を発表した名城

 プロボクシングの元WBA世界スーパーフライ級王者・名城信男(32)が3日、東大阪市で会見し、現役引退と母校の近大ボクシング部ヘッドコーチ就任を発表した。

 「経験を生かしてボクシング部を強くするのが使命。東京五輪を見据え、やっていきたい。恩返しをしたい」と抱負を語った。同じくOBの赤井英和総監督は「気持ちの強い選手を育ててほしい」と期待を寄せた。

 名城は03年7月にプロデビュー。06年7月にカスティーリョに10回TKO勝ちで同王座を奪取、デビュー8戦目で当時の国内最速タイ記録だった。7年5月に陥落も、08年9月に河野公平との王座決定戦で再奪取。10年5月に再び陥落後は4度の世界挑戦も実らなかった。戦績は19勝(13KO)6敗1分け。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2014年4月3日のニュース