日本タイトル戦で公開採点、袴田死刑囚の再審請求にクリチコ署名

[ 2013年12月23日 19:08 ]

 ジム会長らで組織する日本プロボクシング協会は23日、静岡県熱海市内で理事会を開き、来年1月から4月の日本タイトル戦で試験的に5回終了時に採点を公開することを承認した。

 元プロボクサーの袴田巌死刑囚の再審請求に関し、来年1月14日に世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオンの八重樫東(大橋)らが静岡地裁に署名を提出することも決めた。ビタリ・クリチコ(ウクライナ)ら、WBCの歴代王者が署名した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2013年12月23日のニュース