藤岡 日本女子初の2階級制覇 38歳、最年長奪取記録も更新

[ 2013年11月14日 06:00 ]

新チャンピオンに輝き竹原(左)、畑山(右)両会長と笑顔の藤岡

WBA世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ10回戦 ○藤岡奈穂子 判定 山口直子●

(11月13日 後楽園ホール)
 前WBC世界女子ミニフライ級王者の挑戦者・藤岡奈穂子(38)が王者・山口直子(35)を3―0判定で下し、日本女子初の2階級制覇を成し遂げた。3階級(約4・5キロ)上げての2階級制覇は男女を通じて国内初。自身の持つ日本人最年長王座奪取記録も更新した。

 序盤からスピードを生かして攻め続け、3回に右ストレートから左フックでダウンを奪った。左鼓膜を破り、鼻血を出しながらも最後まで攻撃の手を緩めなかった。女子では珍しい激しい打ち合いを制し「伝説をつくったことに満足しています」と喜んだ。畑山隆則マネジャーは階級の枠を飛び越えて活躍する世界6階級制覇王者のマニー・パッキャオに例え「女パッキャオだね。ギネスものだよ」と称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2013年11月14日のニュース