興毅、リミットでパス 挑戦者に「ガリガリ君」プレゼント

[ 2013年7月22日 15:27 ]

WBAバンタム級タイトルマッチの前日計量を終え、アイスキャンディーを手にポーズをとる王者の亀田興毅(左)と挑戦者のジョン・マーク・アポリナリオ

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級タイトルマッチ12回戦(23日・東京ビッグサイト)の前日計量が22日、東京都内で行われ、7度目の防衛を狙う王者の亀田興毅(亀田)と挑戦者で同級3位のジョン・マーク・アポリナリオ(フィリピン)は、ともにリミットの53・5キロでパスした。

 計量後は亀田興が挑戦者に歩み寄り「お互い(減量で)がりがりになったからな」と、アイスキャンディーの「ガリガリ君」をプレゼントした。笑顔で受け取ったアポリナリオは「(計量後は)温かいものの方がいいので」と口にしなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2013年7月22日のニュース