アントニオ猪木氏 甲子園前で演説「“選挙に熱中しょー”」

[ 2013年7月16日 06:00 ]

阪神ファンも見守る中、阪神―巨人戦直前の甲子園球場前で演説するアントニオ猪木氏

 参院選に日本維新の会から比例で出馬した元プロレスラー、アントニオ猪木氏(70)が15日、プロ野球阪神―巨人戦が行われた甲子園球場前で演説した。

 3連休の最終日、しかもセ・リーグ首位攻防戦の初戦とあって球場前は早くから熱気ムンムン。前々日の13日には、富士山上空からヘリコプターで呼びかけるも、ほとんど気付かれないという失態からか、この日は本人到着の20分も前から、うぐいす嬢が演説を呼びかけ高級外車で到着すると、阪神ファンら約1000人を前に猪木節をさく裂させた。

 しかし、政治政策にはほとんど触れず「今日は熱中症でヤバイ。“選挙に熱中しょー”なんてね」とおやじギャグで沸かせ、最後は「皆さんもそろそろ試合に行った方がいいんじゃないですか?」。さらに「20日はIGFの大会で大阪のリングから皆さんに闘魂を注入します!」と予告し去っていった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2013年7月16日のニュース