モデルボクサーの高野 7・25「聖地」で京太郎とWメーン

[ 2013年5月17日 06:00 ]

ミス・ツーリズム・クイーン・アジア2013に参加しているモデルボクサーの高野人母美

 モデルプロボクサーの高野人母美(ともみ、25=山上)の第2戦が7月25日に東京・後楽園ホールで行われることが決まった。

 対戦相手は調整中だが、「聖地」で初の試合となる。同日は2部構成の興行で、後半のメーンは元K―1王者の藤本京太郎(26=角海老宝石)が出場する日本ヘビー級王座決定戦。前半のメーンには高野が抜てきされた。

 4月のデビュー戦を衝撃的な1回32秒KO勝利で飾り、注目度はアップしている。19日のボクシングの日のイベント(後楽園ホール)でも、日本ライトフライ級1位の井上尚弥(大橋)とともにトークショーに出演することも決定した。現在は中国で行われているミスコン「ミス・ツーリズム・クイーン・アジア2013」に日本代表として参加。モデル業もこなしながら、聖地初勝利へ向けてトレーニングを続けていく。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2013年5月17日のニュース