井岡 9回KO!右ボディーさく裂 ライトフライ級初防衛

[ 2013年5月8日 21:01 ]

<WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ>1R、左をウィサヌ(右)にヒットする井岡

 世界ボクシング協会(WBA)ダブルタイトルマッチ12回戦は8日、大阪市のボディメーカーコロシアムで行われ、WBAライトフライ級王者の井岡一翔(井岡)が同級2位のウィサヌ・ゴーキャットジム(タイ)を9回2分51秒KOで下し、この階級では初防衛に成功。デビューから無傷の12連勝となった。

 序盤は様子見で慎重な立ち上りを見せたが、4回から次第に井岡のパンチが当たり始める。終始手数では上回りながら粘るウィサヌも倒れないまま迎えた9回、井岡の右ボディーブローが決まるとダメージの蓄積に耐えかねたウィサヌがダウン。そのまま立ち上がることは出来ず、井岡の8度目のKO勝ちが決まった。

 井岡の戦績は12戦12勝(8KO)、ウィサヌは54戦43勝9敗2分け。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2013年5月8日のニュース