メダル紛失の清水が一日署長「拾ったものは交番に届けて」

[ 2013年4月10日 06:00 ]

防犯レディースとともに取材に応じた清水聡が神妙な表情を浮かべる

 ロンドン五輪のボクシング男子バンタム級銅メダリストで、メダル紛失中の清水聡(27=自衛隊)が愛知県警南署で一日署長を務めた。

 3月28日にメダルがないことに気づき、「人生最高に焦った」という清水は、4日に警視庁原宿署に盗難の被害届を提出。「メダルは努力の結晶みたいなもの。なくなって心にポッカリ穴があいてしまったような感じ。早く見つかってほしい」。傷心のメダリストは一日署長らしく「拾ったものは交番に届けましょう」と訴えた。

 ショッピングモールで行ったトークショーでは、ファンから「リオでまたメダルを獲れば」と声を掛けられた。今後については「現役を続ける方向で考えている。(ミドル級金メダルの)村田はプロですけど、ボクはアマで。今も体力が落ちない程度に体は動かしている」と説明した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2013年4月10日のニュース