大分で覆面レスラー市議誕生、サスケ氏らに続き地方議会3人目

[ 2013年2月26日 06:00 ]

大分市議選で初当選した覆面レスラー、スカルリーパー・エイジ氏

 24日投開票の大分市議選(定数44)で無所属新人でプロレス団体代表の覆面レスラー、スカルリーパー・エイジ氏(44)が初当選した。得票数は立候補者55人中40位。任期は2017年2月まで。

 大分市議会事務局によると、地方議会での覆面レスラーの当選は元岩手県議のザ・グレート・サスケ氏、大阪府和泉市議のスペル・デルフィン氏に続き全国で3人目。議場での覆面着用の先例はあるが、大分市議会で認めるかは議員の間で協議する。

 エイジ氏は東日本大震災や九州北部豪雨の被災地も訪ね「レスラーが来てくれたと喜んでくれる人や、覆面をしているからこそ話を聞いてくれる人がいた」と覆面の意義を感じたという。市議として活動時は額に大分市のマークが入った特注の覆面を着用する予定だ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2013年2月26日のニュース