王者・山中 WBC年間KO賞&新鋭賞候補に

[ 2012年12月25日 06:00 ]

WBC年間KO賞候補の山中

 プロボクシングのWBCは24日、バンタム級王者・山中慎介(30=帝拳)を12年の年間表彰のKO賞と新鋭賞の候補に挙げた。

 他にKO賞はライトフライ級王者アドリアン・エルナンデス(メキシコ)とスーパーライト級王者ダニー・ガルシア(米国)、新鋭賞はスーパーバンタム級王者アブネル・マレス(メキシコ)とスーパーライト級王者ルーカス・マティス(アルゼンチン)がノミネート。年明けに受賞者が決まる。日本人選手では09年に前WBC世界スーパーバンタム級王者・西岡利晃がKO賞を受賞したが、新鋭賞受賞の例はない。山中は今年、元世界王者を相手に2度の防衛に成功。11月のトマス・ロハス(メキシコ)との2度目の防衛戦では相手を前のめりに倒すKO劇で勝利を収めた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2012年12月25日のニュース