元王者、現役王者らも絶賛!粟生「名勝負だった」

[ 2012年6月20日 23:16 ]

WBC・WBA世界ミニマム級王座統一戦12回戦 ○井岡一翔 判定 八重樫東●

(6月20日 ボディメーカーコロシアム)
 ▼徳山昌守氏(元世界スーパーフライ級王者)の話 統一戦にふさわしい試合だった。勝負を分けたのは井岡の左ジャブ。素晴らしかった。(八重樫が)中に入ろうとしても、カウンターを合わせて入れなかった。

 ▼粟生隆寛(WBCスーパーフェザー級王者)の話 名勝負だった。互いのいいところを出し合った。こういう盛り上がりを見ると、自分の気持ちも盛り上がる。ぜひ(統一戦を)やりたい。

 ▼山中慎介(WBCバンタム級王者)の話 素晴らしかった。どちらが勝ったのか分からなかった。試合前からの盛り上がりに応える内容だった。

 ▼井岡一法トレーナー(井岡一翔の父)の話 闘志が伝わってきたし、レベルの高い試合だった。(判定は)勝っていたのは分かったけど、怖かった。僕自身も感動するぐらいの試合だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2012年6月20日のニュース