具志堅氏&内藤氏は井岡支持!世界王者10人が勝敗予想

[ 2012年6月15日 06:00 ]

具志堅氏、内藤氏らが井岡の勝利を予想した

プロボクシング WBA・WBC世界ミニマム級王座統一戦12回戦 WBA王者・八重樫東―WBC王者・井岡一翔

(6月20日 ボディメーカーコロシアム=大阪府立体育会館)
 プロボクシングで日本初となる団体統一戦が、5日後に迫った。世紀の一戦に向け、新旧10人の世界王者が歴史的一戦の勝敗を予想。WBC世界ミニマム級王者・井岡一翔(23=井岡)が6人から支持を得て、WBA世界同級王者・八重樫東(29=大橋)の4人を上回った。高校時代から井岡を知る元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高氏(56)はWBC王者の完成されたボクシングに太鼓判を押した。

 日本中が注目する一大決戦。実力拮抗(きっこう)と言われる中、「井岡勝利」を予測したのは具志堅氏を含め10人中6人。八重樫は4人から支持された。井岡は興国高2年時に高校総体(千葉)を制覇。その雄姿を目の当たりにしている具志堅用高氏は「フットワークと相手の懐への出入りが良かった」と当時を述懐。現役時代に日本記録となる15度の防衛記録を持つ同氏は「ガードの位置。構え方がいい。あれは僕でもまねできない。ボクシングのバランスが非常にいい」と完成されたスタイルを絶賛した。さらに、昨年8月の初防衛戦を引き合いに出し「あれはよく研究していたと思う。統一戦も試合の組み立て、どういう試合運びをするのか楽しみ」と、王者を支える陣営の研究熱心な一面を強調した。また、亀田兄弟との日本人対決の経験もある内藤氏は「八重樫より体格差で上回っている。自分の距離で戦える」と井岡を支持した。

 偉大なる先輩からお墨付きをもらった井岡は「そう言ってもらえるのはうれしいけど、周りの声は特に意識していない」と冷静な反応。それでも「皆さんの期待通り、予想通り、あるいは裏切ってしまうぐらい圧倒して勝ってしまうかも」と大胆不敵に勝利宣言した。

 思い起こされるのは昨年大みそかに1回TKO勝ちした衝撃のシーン。注目されればされるほど燃える男は「あっという間に終わってしまうかもしれない。あっけなく…」とどこまでも強気だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2012年6月15日のニュース