しずちゃん 五輪枠逃す…3回戦でドイツ選手に敗れる

[ 2012年5月15日 21:36 ]

ミドル級3回戦 ドイツ選手(左)のパンチを浴びる山崎静代

 【秦皇島(中国)共同】ロンドン五輪予選を兼ねたアマチュアボクシング女子の世界選手権は15日、中国の秦皇島で行われ、お笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃんこと33歳の山崎静代(よしもとクリエイティブエージェンシー)はミドル級3回戦でアンドレア・シュトローマイヤー(ドイツ)に1回1分56秒、レフェリーが途中で止めるRSCで敗れた。今大会でアジア勢最上位に与えられる五輪出場枠を獲得できなかった。

 中国選手とカザフスタン選手が8強入りしたため、アジア最上位を逃した。同級にはこれ以外にアジアに割り当てられた推薦枠が一つあるが、五輪出場は極めて厳しい状況。

 山崎は相手の左ストレートを見切れずにパンチをもらい、1回に3度のダウンを喫した。ロンドン五輪で初めて実施される女子3階級ともに敗れ、日本は女子で代表を送れない見込みとなった。

 非五輪実施階級では、ライトフライ級2回戦で和田まどか(神奈川・田奈高)がロシア選手に判定で敗れた。

 ▼山崎静代の話 すごく悔しいです。終わってしまったというのが今はショックでまだ何も受け止められない。試合内容としても最後までやれなかったことが悔しい。勝負は一瞬で終わってしまうものだとあらためて思った。(共同)

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2012年5月15日のニュース