和毅4・28シルバー王座決定戦 勝てば世界初挑戦へ

[ 2012年3月15日 06:00 ]

4月28日にメキシコ市で行われるWBC世界バンタム級シルバー王座決定戦に出場する亀田3兄弟の三男・和毅

 プロボクシングの亀田ジムは14日、WBC世界バンタム級7位・亀田和毅(20=亀田)が4月28日(日本時間29日)にメキシコ市で行われる、空位のWBC世界バンタム級シルバー王座決定戦に出場すると発表した。シルバーは正規王座に次ぐタイトル。対戦相手は未定だが、世界前哨戦となる一戦は上位ランカーとの対戦が確実視されている。

 勝てば世界挑戦権を得る大一番。現在、メキシコで合宿中の和毅は「自分にとって今までで一番大きな試合になる。試合まで気を引き締めて練習に集中していきたい」と決意を語った。亀田ジムの木村マネジャーによると、和毅がこの試合をクリアすれば4月6日に初防衛戦を行うWBCの同級王者・山中慎介(帝拳)と同級5位ダルチニャン(オーストラリア)の勝者に挑戦する可能性が高いという。

 王者・山中を逆指名し、年内の世界奪取を目標に掲げていた和毅にとって夢を現実にするビッグチャンス。「次の試合は世界を目指す上でも重要な一戦」と気合を入れる。念願のベルトを手にするためにも、最高の試合をして「トモキ・メヒカニート・カメダ」を強烈アピールする。

 ◇シルバー王者 WBC限定のタイトルで、10年にスライマン会長が暫定王座に代わるタイトルとして創設。シルバー王者はWBCの判断と指示により、正規王者に適用される防衛とその他義務に従わなければならないとしている。また挑戦者決定戦に勝利することなしに指名挑戦者となることはないが、理事会の半数以上の賛成票があれば例外も認められる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2012年3月15日のニュース