宮下トモヤさん死去 白血病で闘病中 30歳の若さ

[ 2012年1月1日 15:17 ]

 総合格闘技の「DEEP」で活躍し、病気療養中だった宮下トモヤさんが31日午後6時10分に死去した。30歳。同事務局が発表した。

 宮下さんは2002年にリングデビューしたが、2010年10月に縦隔非セミノーマが発覚。同年8月に今成正和戦で判定負けしたのを最後に試合出場はなかった。11年5月には急性巨核芽球性白血病も見つかり闘病していたが、2012年を迎えることなく帰らぬ人となった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2012年1月1日のニュース