ヨードグン 完敗にショック隠せず

[ 2011年12月31日 21:02 ]

1回、ヨードグン・トーチャルンチャイ(左)に左アッパーを浴びせる井岡一翔

WBCミニマム級タイトルマッチ

(12月31日 大阪府立体育会館)
 ヨードグンは完敗のショックを隠せなかった。消え入りそうな声で「左フックを顔面に受けて意識がもうろうとした。こんな強烈なパンチは今まで受けたことがない」と王者の強さに脱帽するしかなかった。

 持ち味の突進スタイルを出す間もなく終わり、プロ9戦目で初黒星。担架で控室まで運ばれたが大事には至らなかった様子で「井岡は前へと踏み込んでくるスピードが自分より速かった」と冷静に分析した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年12月31日のニュース