カシアス内藤氏の長男、内藤律樹が2連勝

[ 2011年12月31日 19:33 ]

 作家沢木耕太郎氏のノンフィクション「一瞬の夏」の主人公として知られる元東洋ミドル級王者カシアス内藤氏の長男、内藤律樹(E&Jカシアス)がスーパーフェザー級6回戦で判定勝ち。デビューから2連勝だが、2回にプロ初ダウンを喫した20歳は「油断した。ガードが課題」と苦笑いした。

 それでも、神奈川・磯子工高時代に選抜大会、高校総体、国体のアマ3冠を達成した実力を見せ、手数で圧倒。ジムの会長を務める父は「いい勉強になったはずだ」と話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年12月31日のニュース