京太郎 デビュー戦白星も不満「力が入り過ぎた」

[ 2011年12月31日 18:25 ]

 格闘技K―1の元ヘビー級王者でボクシングに転向した藤本京太郎(角海老宝石)が、同級6回戦のデビュー戦を白星で飾った。序盤から終始攻め続けてオーストラリア選手を圧倒。5回には右ショートアッパーでダウンを奪い、大差の判定勝ちを収めた。

 それでも、KOできなかったことに納得がいかない様子で、試合後はリング上で観客席に向かって土下座。「冷静にはできたが…。力が入り過ぎた。反省しかない。もっと練習しないと」と厳しい口調だった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年12月31日のニュース