大阪ヤマダ電機で公開計量 買い物客が熱視線

[ 2011年12月31日 06:00 ]

WBC世界ミニマム級タイトルマッチ 

(12月31日 大阪府立体育会館)
 公開計量は大阪府立体育会館から徒歩3分の家電量販店「ヤマダ電機」で行われた。同店は昨年5月にもWBA世界スーパーフライ級王者名城信男(当時)のV3戦前の公開計量でも使用されたが、今回は「目立つところでやるのもいい」と叔父の井岡弘樹会長の発案で実現。

 師走の買い物客らが若き王者に熱い視線を投げかけた。公開計量は初めてという井岡は「思ったより多くの人が見に来てくれて、新鮮な気持ち。モチベーションが高まった」と闘志を燃やしていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年12月31日のニュース