石井 最初に挑むライトヘビー級には絶対王者が

[ 2011年12月31日 06:00 ]

 来年4月に米UFCに参戦する石井がまず狙いを定めるのが93・0キロ以下のライトヘビー級。現在のUFC王者はジョン・ジョーンズ(米国)だ。

 3月にPRIDEで活躍したマウリシオ・ショーグン(ブラジル)を倒して初のベルトを獲得。初防衛戦ではクイントン・ランペイジ・ジャクソン(米国)に一本勝ち。2度目の防衛戦ではリョート・マチダ(ブラジル)を裸絞めで絞め落とし、圧倒的な強さで防衛ロードをばく進中。絶対王者となりつつある。ほかにもラシャド・エバンス(米国)やフォレスト・グリフィン(米国)らがひしめき合う激戦区となっている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年12月31日のニュース