桜庭11年ぶりプロレスでパフォーマンス封印

[ 2011年12月31日 06:00 ]

対戦相手の沢田(右)ににらまれながら壇上でポーズをとる桜庭

元気ですか!!大晦日!! 

(12月31日 さいたまスーパーアリーナ)
 IGFタッグルールで鈴川、沢田組と対戦する桜庭はいつものパフォーマンスを封印した。

 珍しく背広姿で登場した桜庭は写真撮影ではタッグを組む柴田といつものショッカーポーズを披露。鈴川、沢田組の「棺おけに足を突っ込んでいる」という挑発にも「一生懸命頑張ります」とマイペース。静かに闘志を燃やすIQレスラーが11年ぶりのプロレスルールでどんな戦いを披露するのか楽しみだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年12月31日のニュース