細野 フェザー級では減量苦なし「バズーカ」本領見せる

[ 2011年12月31日 06:00 ]

グローブチェックする細野

WBA世界フェザー級タイトルマッチ

(12月31日 横浜文化体育館)
 挑戦者の細野悟(28=大橋)は減量が順調に終わり「試合がとても楽しみ」と話した。昨年1月の世界初挑戦は、1階級下のスーパーバンタム級だった。本来、フェザー級の細野は未経験の階級で減量に苦労し「減量のための練習しかできなかった」と振り返る。それでも、採点は0―2と王者を追い詰めた。

 1・7キロ重いフェザー級の今回は「常に試合をイメージして練習できた」という。「前回はよく12回戦えた。パンチに力が入っていなかったと思う」と松本トレーナー。「バズーカ」のパンチ力を世界戦で初披露する細野は「結果重視で戦う」と意欲を話した。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年12月31日のニュース