ヒョードル余裕 元日は富士急?「高飛車」に興味津々

[ 2011年12月31日 06:00 ]

計量をパスするヒョードル

元気ですか!!大晦日!! 

(12月31日 さいたまスーパーアリーナ)
 106キロで計量を終えたヒョードルは公開会見で「石井選手のような大変素晴らしい対戦相手と試合ができることを喜んでいる」と余裕のコメント。新宿アルタ前に集まったファンから最も大きな声援を浴びた。

 DREAMの笹原イベントプロデューサー(EP)によると、29日の個別会見後にホテルのフロアで最終調整するなど気合は十分。若手のK―1ファイターから記念撮影を求められる一幕もあったという。実は大のジェットコースター好きで、4年前の来日時は試合翌日の元日に富士急ハイランドに出向いたが、今回も今年7月にオープンした最大落下角度121度のコースター「高飛車」に関心を示している。「日本に戻って来られてとてもうれしい。とても幸せ」。“皇帝”は圧倒的な強さを示し、再びジャパンライフを堪能する。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年12月31日のニュース