王者カバジェロ「レゲエのリズム」で「バズーカ」封じる

[ 2011年12月28日 06:00 ]

練習を公開した王者のカバジェロ

WBA世界フェザー級タイトルマッチ12回戦

(12月31日 横浜文化体育館)
 プロボクシングのWBA世界フェザー級タイトルマッチで挑戦者・細野悟(28=大橋)を迎え撃つ王者のセレスティノ・カバジェロ(35=パナマ)が27日、都内で練習を公開した。

 1メートル80の長身から繰り出す強打で、1階級下のスーパーバンタム級で10度の防衛を果たした2階級制覇の名ボクサーだが、レゲエのミュージシャンという顔も持つ。米ロサンゼルスやラスベガスなどでのライブ経験もあり、貧しい生い立ちを歌った入場曲「スラム街の王者」などオリジナル曲は16曲もあるという。「わたしの動きはレゲエのリズムだ」と独特の動きで細野の強打「バズーカ」を封じる作戦だ。来年はスーパーフェザー級で3階級制覇を狙う意向で「内山には興味がある。その前にまず、細野を倒す」と余裕を見せていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年12月28日のニュース