米国で防衛は快挙 西岡に特別功労賞「道が開けたと思う」

[ 2011年11月6日 15:52 ]

 日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会は6日、日本人世界王者で初めて本場の米国で防衛に成功した世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃(帝拳)に特別功労賞を授与した。

 10月に米ネバダ州ラスベガスで強豪ラファエル・マルケス(メキシコ)に判定勝ちした西岡は「海外での試合を評価してもらって本当にうれしい。日本のボクサーに道が開けたと思う」と喜んだ。35歳のベテランは今後について「しっかりした場で言いたい」と明言を避けた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年11月6日のニュース