名城 11・4タイで王座挑戦「世界戦できるなら、どこへでも」

[ 2011年10月6日 17:50 ]

世界挑戦が決まり、記者の質問に答えるWBA元スーパーフライ級チャンピオンの名城信男

 ボクシングのWBA世界元スーパーフライ級チャンピオンの名城信男(六島)が、11月4日にバンコクでWBC同級王者のスリヤン・ソールンビサイ(タイ)に挑戦することが決まった。6日に所属ジムが発表した。

 名城は2月に王座返り咲きに失敗したが、再び世界王者に挑戦する。敵地での対戦にも名城は「こんなに早くチャンスが来るとは思わなかった。世界戦ができるなら、どこへでも行く」と意気込んだ。

 王者は22歳。12日で30歳を迎える挑戦者の名城は「強いチャンピオンだと思うけれども、できる限りのことをしてベルトを奪取したい」と力を込めた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2011年10月6日のニュース