女子トリプル世界戦、ライカ前座で指名挑戦者決定戦

[ 2011年7月8日 06:00 ]

 女子のトリプル世界戦の決定会見が、都内で行われ、「ミス女子ボクシング」の風神ライカ(35)が前座で指名挑戦者決定戦を行うと発表された。

 日本ボクシングコミッション(JBC)公認前の日本女子草創期に2階級制覇した女子ボクサーの代名詞は「必ず勝って世界戦につなげたい」と意気込んだ。王者ウォールバーク(スウェーデン)と前王者ゲルーラ(カナダ)の直接再戦が義務づけられたため、特例で指名挑戦者決定戦が決定した。

 JBC公認後に世界挑戦に2度失敗しているが「女子を支えてきた気持ちはない。ただ、王者になりたい」と年齢的に最後の世界挑戦に闘志を燃やした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年7月8日のニュース