日本人初の米本土防衛戦…下田 アウェー上等!!

[ 2011年7月8日 06:00 ]

会見で初対面した挑戦者リコ・ラモス(左)と王者・下田

 WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチの会見が6日(日本時間7日)、米ニューヨークのレストランで行われ、王者・下田が同級1位で19戦無敗の最強挑戦者ラモスと初対面した。

 日本人世界王者として初めて米本土で防衛戦を行う王者・下田は「日本人ボクサーとして史上初の機会が自分に回ってきたのは運命。その運命を必ず勝利に結びつけるため、全ての力をもって試合に臨む。敵地での舞台も臨むところ」と話した。対するラモスは「下田は非常にタフな選手という印象だが、ノープロブレム。俺が勝つ」とベルト奪取に自信をみなぎらせた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年7月8日のニュース