荒川 3連続TKO防衛で東洋太平洋獲りへ!

[ 2011年6月14日 06:00 ]

日本ライト級タイトルマッチ

(6月13日 東京・後楽園ホール)
 日本ライト級王者・荒川仁人(八王子中屋)は、生田真敬(ワタナベ)を冷静にさばいて4回、レフェリーストップのTKOに下した。3連続TKO防衛を果たし、リング上で「東洋太平洋王者の三垣さんに挑戦したい」と宣言。中屋会長も7月2日の三垣の防衛戦後に交渉に入る意向だ。

 初のメキシコ修業もこなして勢いに乗る荒川は「今だからこそ、見たいと思ってもらえるカード」と意欲を見せた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年6月14日のニュース