土屋が始動 被災地を元気づける11連続KO宣言

[ 2011年5月18日 06:00 ]

 7日に10連続KO勝利を飾ったプロボクシングの日本ライト級12位・土屋修平(角海老宝石)が17日、始動した。

 次戦はWBC世界ミニマム級王者・井岡一翔(井岡)の初防衛戦(7月予定)の前座だけに「お客さんがパンパンだと最高。生で見て面白い試合をしたい」と意気込んだ。12日から3日間、岩手・遠野市で被災地支援のボランティアを経験。「自分にできることはボクシング。全体的に盛り上げていきたい」。被災地を元気づけるため11連続KOを誓った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年5月18日のニュース