興毅 初防衛へ“スイーツ断ち”宣言

[ 2011年4月29日 06:00 ]

カメラの前で鍛えぬいた肉体を誇示する亀田興毅

WBA世界バンタム級タイトルマッチ 王者・亀田興毅(24=亀田)VSダニエル・ディアス(27=ニカラグア)

(5月7日 大阪府立体育会館)
 初防衛戦に臨む亀田3兄弟の長男・興毅が、前日計量まで大好物の“スイーツ”を封印し、地元大阪の凱旋試合でKO勝利を狙うことを誓った。

 28日、都内のジムで行われた公開スパーリングではフィリピン合宿で磨いた左とスピード満点の動きを見せ順調な調整ぶりを感じさせた。残り3キロに迫った減量については「(前日計量が)終わったら飲んで食べて復活したる」と、大好物のスイーツを控えリミットに合わせる。故郷・大阪のファンに向けては「強くなった姿を見せる」ときっぱり。日本ハムのルーキー斎藤佑樹が4失点と打ち込まれながらもプロ初勝利を挙げたことを例に挙げ「オレも打たれても勝つ」と力強かった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年4月29日のニュース