薄い選手層…石井が優勝する可能性は十分

[ 2011年4月19日 06:00 ]

石井慧 柔道「全米体重別選手権」エントリー

 米国の柔道のレベルは高くない。関係者は「(トップレベルでも)日本の大学生レベルくらいで、重いクラスは選手層も厚くない」と話しており、初参戦の石井が優勝する可能性は十分だ。

 100キロ超級のランク1位はアンソニー・ターナー(32)で、2位は08年北京五輪の100キロ超級米国代表のダニエル・マコーミック(24)。ターナーは五輪出場の経験はなく、年齢的にも優勝は厳しい。マコーミックは石井が金メダルを獲った北京五輪では1回戦敗退。敗者復活に回ったが敗れた。昨年の全米体重別選手権で優勝したが、石井にとっては問題ない相手といえそうだ。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年4月19日のニュース