3冠ヘビー級王者・諏訪魔が防衛「元気を届ける」

[ 2011年3月21日 23:20 ]

全日本両国大会

(3月21日 両国国技館)
 3冠ヘビー級王者の諏訪魔がKENSOを下して3度目の防衛に成功した。

 左腕に喪章を巻いてリングに立つ。序盤はノラリクラリとする挑戦者のペース。張り手や場外戦で苦戦する。20分すぎからは完全に王者ペースとなった。岩石落としで追い込むと頭突き、ラリアットを連発。29分25秒、ぐったりとするKENSOをラストライドからの体固めで破った。ベルトを守った諏訪魔は「こんな状況で会場に足を運んでくれてありがとうございます。全日本はこのリングからメッセージを、元気を届けるために戦い続けます」とマイクアピール。「次のチャンピオン・カーニバルも王者として優勝します」と4月8日から後楽園ホールで開幕するチャンピオン・カーニバル優勝をぶち上げていた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント決勝 井上尚弥VSノニト・ドネア」特集記事

2011年3月21日のニュース