興毅 南大阪後援会の準備に感謝

[ 2011年3月21日 06:00 ]

南大阪後援会設立準備会であいさつする亀田興毅(右)、(中央は)会長の神谷・泉大津市長。会場には東日本大震災の義援金箱が設けられた

 プロボクシングのWBA世界バンタム級王者・亀田興毅(24=亀田)の南大阪後援会設立準備会が20日、大阪府泉佐野市内で開かれ、初防衛戦(5月7日、大阪府立体育会館)からの活動開始が内定した。

 準備会会長の神谷昇・泉大津市長(61)は「初防衛戦までの正式発足を目指して(東日本大震災の)義援金を送れるようにしたい」と述べた。多忙のため橋下大阪府知事は欠席した。興毅は「震災で会の話もなくなると思いました。感謝してます」とあいさつした。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2011年3月21日のニュース