興毅 大阪で初防衛戦「日本が一つになって助け合わないといけない」

[ 2011年3月18日 16:55 ]

 昨年暮れに世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王座を獲得して日本選手初の3階級制覇を果たした亀田興毅(亀田)が18日、大阪市内で記者会見し、5月7日に大阪府立体育会館で初防衛戦を行うと発表した。同級14位のダニエル・ディアス(ニカラグア)の挑戦を受ける。

 興行は、WBAフライ級前王者でスーパーフライ級に階級を上げた弟、亀田大毅(亀田)が4月2日に沖縄で行う試合に続く「東日本大震災チャリティーマッチ」とし、収益金の一部などを義援金に充てる。

 亀田興は「日本が一つになって助け合わないといけない。大阪の力を被災地に届けられたらいい」と話した。出身地の大阪で初めて行う世界タイトルマッチについては「うれしいし、いい試合をして次につなげたい。世界戦でKO勝ちしたことがないから狙いたい」と意気込みを語った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2011年3月18日のニュース