元王者の坂田氏 稲城市議選立候補を表明

[ 2011年2月28日 06:00 ]

東京都稲城市議選への出馬を表明した元世界王者・坂田(中央)と(左から)藤原東京稲城後援会会長と金平協栄ジム会長

 プロボクシングの元WBA世界フライ級王者・坂田健史氏(31)が)が、4月24日に行われる東京都稲城市議選への立候補を表明した。27日、東京都多摩市内のホテルで会見し「立候補を決意しました。現役時代に励まし、応援してくれた稲城の皆さんに恩返ししたい」と話した。

 坂田は1月に現役引退を表明。05年から稲城市の志江夫人(31)の実家で生活しており、現役時代の稲城後援会関係者らの勧めで「2月に入ってから」出馬を決断したという。元WBC世界フェザー級王者の越本隆志氏(40)も同日の福岡県議選に立候補することになっており、日本人初の元世界王者議員が一気に2人も誕生する可能性が出てきた。「パイオニア。ボクサーのイメージを良くしたいし、やりがいがある」と坂田。議会という新たなリングにかける。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2011年2月28日のニュース