元JRA競馬学校生・原、判定勝ちで決勝進出

[ 2010年9月29日 06:00 ]

東日本新人王予選で決勝進出を決めた原

 【東日本新人王準決勝】元JRA競馬学校生の原隆二(大橋)がミニマム級で決勝進出を決めた。

 大平剛(花形)に3―0で判定勝ち。サウスポーの相手に距離感が合わず3連続1回KOはならなかったが、右のカウンターでポイントを稼いだ。「狙い過ぎた。これはこれで経験だし決勝でもしっかり勝ちたい」。決勝は11月3日に後楽園ホールで安慶名健(横浜光)と対戦する。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2010年9月29日のニュース