PR:

荒川 初ダウンも判定で新王者に

 22日、後楽園ホールで行われた日本ライト級タイトルマッチ10回戦で、1位の荒川仁人(八王子中屋)がダウンをはね返して2―0の判定で近藤明広(日東)に勝利を収め、新王者となった。

 1回に右クロスを食ってダウン。「試合でダウンしたのは初めて。自分もやっぱり倒れるんだ」と焦ったが、左アッパー、ストレートなどを的確に当ててポイントを取り戻した。「王者はパンチが強く、3度効いた。正直、うれしい」と笑顔。「チャレンジャーの気持ちを常に持って戦う」と抱負を話した。

[ 2010年4月23日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(格闘技)

      ※集計期間:10月18日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム