チャンプ内藤に長縄が挑戦へ

[ 2008年2月3日 20:31 ]

 ボクシングの岐阜ヨコゼキジムの横関孝志会長は3日、同ジムに所属する東洋太平洋フライ級王者の長縄正春が、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級チャンピオンの内藤大助(宮田)に挑戦することを明らかにした。8月をめどに国内での世界戦が内定しているという。

 ただし、内藤が3月にポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)と再戦する2度目の防衛戦を制し、長縄も4月に行う大久保雅史(青木)との初防衛戦に勝つことが世界戦実現の条件となる。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2008年2月3日のニュース