桜井克也の球界“人”筆書き

オリックス・東明 「野球が好き」だから耐えられる。着実に歩み続ける復活への道

“原点”の思いを胸に復活への道を着実に歩むオリックス・東明
Photo By スポニチ

 今年も聖地・甲子園を目指す高校球児達の夏が始まりました。甲子園で大活躍し、鳴り物入りでプロ野球の世界に入ってきた選手。高校時代は無名でも、大学、社会人で実力を着実に伸ばしてきた選手。プロの世界には様々な個性を持つ選手がいますが、その中でもオリックス・東明大貴投手(28)は異色の経歴を持つと言っていいでしょう。

 岐阜県岐阜市出身。厚見中学では軟式野球部に所属し、富田高校に入学します。1年夏からベンチ入りを果たし、2年の新チームから背番号1。これだけを見れば、異色でも何でもありませんが、戦歴はというと岐阜大会で3年連続初戦敗退。もちろん甲子園を目指して全力で練習に取り組んでいましたが、聖地は遙かに遠い夢の世界でした。

 「正直、高校時代は試合の思い出がないんですよ…。3年の時は岐阜聖徳学園付属に負けたのかな?打撃妨害が2回くらいあって、普通に負けました。負けた時も“終わった”くらいでしたし」

 高校時代は練習時間が長く、内容も厳しいものでした。ともに入部した同級生は徐々に数を減らしていき、1年秋には部員が10人になったそうです。

 「楽しいっていうのは結果がついてきて、初めて“楽しい”と思えるのだと思います。そういう意味では、楽しさは感じられなかったかもしれません」

 勝つことの喜びを得られないから「楽しい」とは思えなかった。それでも野球を辞める選択肢だけはありませんでした。

 「好きだったから、ですかね」

 卒業後は就職するつもりでした。「周囲も卒業してから野球を続ける人はいなかったですし、就職するものだと思っていました」。ただ、そうは思っていても、野球への情熱を断ち切ることはできませんでした。野球を続ける道を探るため、若林伸行監督に相談し、桐蔭横浜大に進学します。その後の驚異的な成長を見れば、この決断が運命の分かれ道となったと言えるでしょう。

 大学時代は3年春のリーグ戦で7勝を挙げて、神奈川大学リーグでの初優勝に貢献。大学選手権に初出場しました。さらに4年秋の神宮大会出場校決定戦では東海大・菅野(現巨人)に投げ勝ち、一気に名を挙げました。

 「今の桐蔭横浜大なら、メンバーにすら入れてないでしょうね。でも当時は今よりは低かったとは言え、レベルは高校より高くなるわけですし、大学では投げることに集中できる環境がありました。だからこそ、試合に出たい。1球でも投げたいという気持ちは強くなっていきました」

 社会人は富士重工業に進み、2013年のドラフト2位でオリックス入団。真摯(しんし)な姿勢で野球と向き合ってきた男は、紆余(うよ)曲折を経てプロの世界までたどり着きました。

 2年目の15年に自身初の2桁勝利となる10勝をマーク。順風満帆に見えたプロ野球人生ですが、16、17年と2年連続で右肘の遊離軟骨除去手術を受け、ここ2年は1勝止まり。現在は2軍で本来の力を取り戻すための戦いに挑んでいます。

 「球速も出ていないし、まだまだと思います。肘は大丈夫ですが、体が痛いときの投げ方を覚えてしまっているので、それをどうにかしていかないと」

 8試合に投げ、0勝4敗(7月11日現在)。それでも防御率は3・00ときっかけをつかみつつあります。現在の心境は「大学時代と同じですよ」と笑顔で語ります。

 「うまくなりたい。試合に出たい。試合で1球でも投げたい。出たら、抑えたい」

 勝てなかった高校時代から野球の楽しさを知った大学時代。全てが財産となっているから、苦しい現状にも耐えられる。原点を胸に刻み、復活への道を着実に歩んでいます。

 甲子園の舞台に立つことができるのは、今年に限れば全国でわずかに56校。自身の経験を踏まえて、短い夏を終える高校球児にこう投げかけました。

 「野球が好きだったら、やった方がいいんじゃないかなとは思います」

 常に冷静で謙虚さを忘れない投手は、さわやかな笑顔でした。

[ 2018年7月11日 14:45 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:07月21日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム