日めくりプロ野球 4月

【4月7日】2000年(平12) メジャー1勝右腕、日本で2勝目はマシンガン打線相手に大記録

[ 2009年4月1日 06:00 ]

横浜戦でノーヒットノーランを演じた瞬間の中日・バンチ。3年間で31勝23敗の成績を残した。趣味はハンティングで、日本では簡単に狩りができないことから、ゲームセンターで良く遊んでいた
Photo By スポニチ

 【中日8-0横浜】カウント2-0。2年連続セ・リーグ首位打者の横浜・鈴木尚典左翼手の顔が心なしか青ざめて見えた。対照的にマウンドの中日メルビン・パンチ投手はほおが紅潮していた。
 大記録まであと1球。外角やや低めのストレートは148キロ。鈴木尚のバットは全くといっていいほど反応しなかった。が、上本孝一球審は派手なポーズでコールした。「ストライーク、バッターアウト!」。

 その瞬間、109球を投げ抜いたバンチが右手を握り締め、雄たけびを上げながらガッツポーズをした。プロ野球68人目(79度目)のノーヒットノーラン達成。マウンドで喜びを爆発させた右腕に中日ナインが次々と笑顔で駆け寄っては、「すごいなぁ、バンちゃん!」「バンちゃん、サイコー!」と頭をポンポン叩いた。「ヤメロ、アッチイケ!」手荒い祝福に覚えたての日本語で言い返したバンチだが、誰も聞くはずもなく、ベンチから出てきた選手から祝福のキックまで受けた。
 5四球は与えたが、7つの三振を奪い、20安打8点の大量援護に守られて危なげないピッチングだった。外国人投手のノーヒットノーランは4人目。うち2人は1年目で記録しているが、西武・郭泰源投手が9試合目で達成したのが最速だったが、バンチはそれを更新する2試合目で記録を打ち立てた。
 相手は2年前にセ・リーグを席巻した横浜のマシンガン打線。99年にはプロ野球新記録のチーム打率2割9分4厘(当時)をはじき出し、この年も開幕6試合とはいえ打率3割2厘をマークしていたが、145キロ前後のストレートにカーブ、スライダーを混ぜて翻弄。制球は決して抜群とはいえなかったが、適当に荒れ球だったことで的が絞りづらかったのも幸いした。「彼らに打てるチャンスはなかったと思うよ。なぜなら歩かせてばかりだったからね」と、米テキサス州出身の陽気な28歳の口からはどんどん冗談が飛び出した。
 予兆はあった。来日初登板となった4月1日のヤクルト2回戦(ナゴヤドーム)では7回3分の2を5安打無失点に抑え、岩瀬仁紀投手とのリレーで2-0で勝利。00年チーム初勝利をもたらした。3月26日のオリックスとのオープン戦で3回6失点と散々な投球の反省と気分転換のため、頭を丸刈りにしての登板。「低めに投げれば、お前のボールなら抑えられる」という星野監督の言葉を何度も反すうし、ベンチに戻っては「低く、低く」と何度もつぶやいての好投だった。
 ドラフト15巡目でカンザスシティ・ロイヤルズ入り。3年目の95年にメジャーで1勝したが、その後マリナーズ移籍もマイナー暮らしが続いた。来日前年の99年には3Aで10勝2敗。防御率1位のタイトルを獲得したが、年俸は日本円にして800万円止まり。妻と一人娘を養うためにもと、日本行きを決意し、代理人がビデオを日本の各球団に送った。
 はじめに興味を示したのは実は巨人だった。しかし、検討の結果は不採用。制球力が難ありと判断したためだった。中日は星野仙一監督が「真っ直ぐに力がある。変化球も揺れながら落ちる感じがするし、おもしろい」と評価。年俸2500万円で獲得を決めた。日本に来る助っ人としては格安だが、バンチにしてみれば夢の大金。「これで自分で髪の毛を切らずに、バーバーに行ける。妻には服を、娘にはおもちゃを買ってあげられる」と喜んだ。
 巨人が指摘したようにバンチは00年、リーグ最多四球の77個を記録したが、それを感じさせない14勝(8敗)を挙げ最多勝投手に。年俸は1億円を超え、メジャーリーガー並みの報酬を日本で得た。3年目に心臓の動悸が激しくなることがしばしばあり、検査の結果、野球生活を断念。31歳の若さで球界を引退したのが惜しまれてならない。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る