日めくりプロ野球 12月

【日めくりプロ野球】“20世紀最高の内野手”に外国人コーチ

[ 2008年12月30日 07:13 ]

日本球界復帰の可能性も取り沙汰される井口。勝負強い打撃と堅実な守備は健在だ
Photo By スポニチ

68年11月12日 史上最強のドラ1組は交渉も難航

83年6月22日 甲子園優勝投手の初登板 ちょっと寂しい敗戦処理だった

日めくりプロ野球トップページ

 【96年12月30日】
 東都大学野球史上初の三冠王、通算最多本塁打24本を記録し、ダイエーを逆指名してドラフト1位入団を果たした青山学院大・井口忠仁(資仁に改名)内野手。“20世紀最高の大型内野手”と呼ばれた期待のルーキーに高知での春季キャンプ中、専任の外国人守備コーチを付けることが決定した。
 コーチの名前は、大リーグミルウォーキー・ブルワーズ傘下の3Aニューオリンズの監督を務める、ティモシー・アイルランド監督。83、84年と広島に在籍し、ヘッドスライディングと隠し球で有名になった元内野手だ。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る