日めくりプロ野球 9月

【9月4日】2009年(平21) 捕手がいない!“何でも屋”木村拓也 心臓バクバクの23球

[ 2010年9月1日 06:00 ]

 【巨人4―4ヤクルト】東京ドーム一塁側のベンチ裏へ巨人・鶴岡一成捕手がすっ飛んでいった。「タクさん!」。鶴岡が大声で呼ぶと20年目のベテラン、木村拓也内野手が振り返った。
 延長11回、ヤクルトの6番手鎌田祐哉投手の投げたボールが巨人・加藤健捕手の頭部に当たった。打席に倒れこんだ加藤はそのまま担架で運ばれ病院へ。巨人ベンチは凍りついた。この時点で先発出場していた鶴岡はベンチに下がっており、正捕手の阿部慎之助はこの日一塁手として出場していたが、この時点で鶴岡同様交代していた。

 捕手がいない。延長戦の規定は12回まで。巨人は11回にサヨナラ勝ちを収めなければ、勝ち負け以前に試合そのものが続けられなくなる危機に陥った。試合を放棄するわけにはいかない。原辰徳監督はすぐに手を打った。「タクに行ってもらう」。90年、日本ハムにドラフト外で入団した時には捕手だった木村に指揮官は白羽の矢を立てた。
 もう10年マスクをかぶっていなかった。最後に捕手として公式戦に出場したのは、広島時代の99年7月6日、横浜12回戦(広島)。この時も“緊急出動”だった。
 元は捕手といっても、常にプロの投手が投げるボールを捕球していなければ、そう簡単に捕れるものではない。しかし、全く捕手経験のないプレーヤーよりは任せられる。「こういう時のためにオレはいるんだ。オレしかやれるヤツがいないんだからやるしかない」。自他とも認めるユーティリティープレーヤーは覚悟を決めた。鶴岡のミットを借り、用松淳ブルペン捕手のレガースとマスクを付けて定位置に座った。
 まずは豊田清投手とバッテリーを組んだ。初球はいきなりフォーク。木村が出したサインだった。「実はベンチから西山(秀二バッテリーコーチ)さんからサインが出ることになっていたんですが、見る余裕なくて自分で出しちゃいました」と木村。二塁を守っている時から「自分のチームのピッチャーがどんな球をどういう時に投げているか頭に入っていた。その知識を総動員した」。
 豊田には5球のうち3球を決め球のフォークを投げさせ、田中浩康二塁手を中飛に仕留め、続く青木宣親中堅手と対した左の藤田宗一投手には裏をかいてシュートから入り2球目にカーブを要求。最後はスライダーで三振を奪った。1安打1四球を許したが、この回3人目の野間口貴彦投手がユウイチ一塁手を151キロのストレートで空振り三振に切って取り、急造捕手は無事大役を果たし終えた。 「心臓がバグバグ。とにかく無事に終わって良かった」と汗びっしょりの木村に阿部は「脱帽です。完ぺき」とひと言。ベンチ入り25人中24人を使った巨人は試合を引き分けに持ち込み、優勝へのマジックを1つ減らし19とした。
 チェンジになった瞬間真っ先に出迎えた原監督はガッチリ握手。肩を何度も叩き感激の面持ちで労をねぎらった。「本当に困った時の拓也頼み。冗談も言えない。よく救ってくれた」と言った監督は、それから7カ月後、大粒の涙を流しながらあの日のことを思い出すとは夢にも思わなかった。ピンチのときこそ最大限の力を発揮する、木村拓也は何者も代わりのきかない最高の“何でも屋”だった。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る