日めくりプロ野球 2012年9月

【9月22日】1962年(昭37) 三原監督、ルール守ってアテ馬7人 エースも三塁守らせる

[ 2012年9月22日 06:00 ]

 【大洋3-2中日】相手投手が右か左か予測がつかない時に使う「偵察メンバー」。俗にいう“アテ馬”に7人もの選手を使ったのは大洋・三原脩監督だった。

 1軍の公式戦でのベンチ入りは25人。そんなに使ったらゲームに支障をきたすはずだが、大量の無駄遣いを可能にするルールが当時認められていた。

 首位阪神を2・5ゲーム差をつけられた3位大洋は地元川崎球場での中日23回戦を迎えた。スタメンを以下の通り。

 1番右翼・青山勝巳、2番左翼・松久保満、3番中堅・近藤和彦、4番遊撃手・ハイ島久美、5番三塁手・的場祐剛、6番二塁手・平山佳宏、7番一塁手・上田重夫、8番捕手・山田忠男、9番投手・秋山登

 近藤和と秋山以外、名前を聞いてどういう選手か説明できる人は、大洋ファンといえどもそうはいない。平山と上田にいたっては実は投手。遊撃手も本職は捕手で通算21打数1安打、打率4分8厘でこの年引退。青山も生涯記録で打数はなく、犠打1のみでユニホームを脱いでいる。

 2位中日を0・5差で追う三原大洋は消化試合でも、紅白戦でもあり得ないようなメンバーをなぜ組んだのか。中日側をイライラさせて勝負を有利にするという三原流の奇策とも考えられるが、試合前に三原は番記者にこんなことを話していた。「きょうはルールのスキを突いて話題を提供しますよ」。

 当時のセ・リーグには9月10日以降、出場登録した1人の選手が交代してベンチから外れると、出場選手登録を経ずに新しい選手を1人入れることができるという奇妙なルールがあった。

 つまり、2軍の選手でも使おうと思えば、すぐに使えて、交代は自由自在だった。この規則に三原は噛み付いた。「こんなルールがあるということをファンの方にも知ってもらいたかった。(アテ馬7人なんて)良くないことですが、こんなヘンな仕組みをどう思うかと考えるきっかけになってくれればと思って…」。

 優勝争いをしている注目の試合であればこそ実行に移した、三原の気性の激しさがうかがわれる。

 1回表、大洋の選手が守備につく際、記憶力のいい三原が覚えきれずにメモを持って岡田和也球審のもとへ選手交代を告げに行った。その頃のスコアボードは電光掲示板ではなく、木の板に白ペンキでの手書き。それをはめ込む作業も一気に変えなければならず、7人の名前を変え終わると、既に秋山が二死を取っていた。試合は“途中出場”した、アグリー一塁手が7回に逆転タイムリーを放ち、大洋は2位に浮上した。

 この試合、三原は5回に秋山が二死一、三塁のピンチを招くと、左打者の3番・ニューク左翼手のところで、投手をサウスポーの権藤正利投手に交代。秋山はベンチに退かず、三塁を守らせた。結局、ニュークは左飛に倒れた。

 試合終了後の三原は得意げだった。「相性の悪い打者を避ける一時避難ですな。一塁と三塁のどっちを守りたい?と秋山に聞いたら、三塁がいいというからやらせた。神宮(外苑)の草野球でもこれから流行るかもしれませんな」。

 奇想天外。三原の野球は本当にはその言葉がよくあてはまったが、それはプロ野球をショーアップさせることを常にまじめに考えていたことの証明でもある。野球とは無縁のタレントを始球式に呼んだり、選手に必要以上のファンサービスをさせる最近のプロ野球。その良し悪しは別として、三原のようなサービスをみせてくれる監督、球団は近頃、お目にかかっていない。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る