関西大学野球リーグ

【近畿学生野球のキーマン】奈良学園大・葉田外野手 攻撃のつなぎ役が4季ぶりV導く

[ 2020年9月4日 06:06 ]

奈良学園大・葉田
Photo By スポニチ

 強さを取り戻し、黄金時代の礎を再構築する。リーグ最多43度の優勝を誇る奈良学園大も15連覇を達成した16年秋以降の優勝は18年春の一度だけ。1年時にベンチ入りメンバーとして大学選手権を経験した葉田は、覇権奪回を誰よりも望む。

 「大学で野球をするなら、やはり神宮。全員の気持ちを神宮に向けたい」

 昨秋は主に守備固めで4試合に出場しただけだったが、今夏のオープン戦で結果を出し続け、攻撃のつなぎ役として不可欠な存在になりつつある。「出塁を重視したい。個人としての理想は1試合1得点以上」。昨秋のチーム1試合平均得点3はリーグワースト。酒井真二監督から「力強さも出て状況に応じた打撃ができるようになってきた」と成長を認められる男が得点力アップのカギを握る。

 中学、高校と主将を務め開星では2年春、3年夏に甲子園出場。常にチーム全体に目を配り、結果を出してきた。「監督が目の届かないところもあると思うので、一人一人を見る努力はしています」。4年生の主将、田中嵐士が投手ということもあり、打撃練習などで気付いた点があれば、すぐに選手に声をかける。また、「試合に出られていない選手の気持ちを上げることも大事」とメンバー外への気配りも忘れない。

 リーグ戦後には母校での教育実習を予定。「これからの成績次第ですが、野球に携われたらという思いはある」といい、将来的な選択肢の中に高校野球の指導者もある。天性のキャプテンシーを武器に「常勝軍団」復活チームを4季ぶり頂点へと押し上げる。(桜井 克也)

●奈良学園大予想オーダー● 
(7)秀 嶋(2=菊川南陵)
(8)葉 田(3=開星)
(6)岸 本(3=西脇工)
(9)下 方(4=北海)
(3)中 島(3=佼成学園)
(5)川 北(4=滝川二)
DH 杉 村(2=大商大堺)
(2) 関 (2=京都外大西)
(4)柳 田(1=智弁学園)
 P 摺 石(3=福井工大福井) 

続きを表示

バックナンバー

もっと見る