PR:

【阪神大学野球】甲南大学 集中力に磨きかけ、チャレンジャー精神で挑む

オールスターにも選出された甲南大・山本侑
Photo By 提供写真

【甲南大・鈴木進吾主将(3年)に聞く】

――秋季リーグ戦に向けて。

 投手陣が期待に応えられず、打線もカバーできなかった。ここぞの場面で集中力が欠け、春は接戦を落としてきたので、守りを大事にして少ないチャンスを生かしていきたい。春は実力不足だった下級生が伸びてきたので、打撃については期待できるかもしれません。

――投打でキーマンになる選手は?

 小嶋(4年)とケガから復帰した中村(4年)、両右腕の復調に期待しています。1年春からリーグ戦に出場している三塁手の岡崎(3年)と、オールスターにも選出された山本侑(2年)には経験を含め、チームをリードしてもらいたい。

――秋季リーグへの意気込みを。

 挑戦者の気持ちを忘れずに、相手にぶつかっていく勇気と勝ちきる精神力を持って挑みます。

 ▼甲南大・谷口純司監督 春季リーグの5勝を上回りたい。下級生のころから試合に出ていた野手が経験を積んだことで、何をすれば勝てるかを理解してきた。その中でも新主将の鈴木にはリーダーシップを発揮し、チー厶を引っ張ってほしい。あとは小嶋と4番を打つ山本侑が投打の軸になるので、春以上にフル回転してもらい、ロースコアのゲームを勝ちきっていく。

[ 2018年8月31日 11:43 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月26日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム