PR:

【阪神大学野球】関西外国語大学 下級生のレベルアップに期待し、チーム全体で戦う

関西外大のクリーンアップを担う田中宏
Photo By 提供写真

【関西外大・中元啓貴主将(3年)に聞く】

――秋季リーグ戦に向けて。

 春はエースの高野を中心に投手力を武器に戦うつもりが、2番手、3番手の投手がおらず、苦しい戦いとなりました。打線も12試合で平均3・3得点と投手陣を援護できなかった。レギュラー陣の大半が4年生で、経験値で勝っていた部分があったので、秋は3年生以下がレベルアップしないと勝てません。

――投打でキーマンになる選手は?

 エースの高野(4年)と松江(2年)、リリーフも出来る藤岡(3年)の右腕3人が投手陣の要です。打線は1番・北阪(2年)とクリーンアップの田中宏と上野(いずれも4年)に期待しています。

――秋季リーグへの意気込みを。

 現実的に投手の調子はあまりよくないので、チーム全体で支えて勝てるようにしていきます。

 ▼関西外大・西山明彦監督 楽に勝てる試合はない。僅差でも勝てる試合を増やし、勝ち点を積み上げてAクラス入りを果たす。そのためにはリーグ戦を戦いきる心身を保つための持久力を高めたい。エース高野ら4年生にとってベストシーズンになることを期待している。チー厶全体で実戦経験が増えてきたことで安定感が出てきた。リーグ戦を戦えるレベルの実力をさらに付けていきたい。

[ 2018年8月31日 11:41 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月25日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム